妊娠便秘

便秘にお悩みの妊婦さんへ

今まで便秘で悩んだことはないのに、妊娠したら便秘になったという妊婦さん大勢いらっしゃいますよね。

 

妊婦さんの便秘の原因は、おなかの赤ちゃんは羊水の中にいますが、お母さんからたくさんの栄養をもらっています。

 

でも赤ちゃんが欲しがっているのは、栄養だけではなくたくさんの水分も必要としているのです。

 

そのために、本来は普通に出るはずの排便なのですが、便の中まで水分が行き届かなくなり便秘になってしまうのです。

 

 

それだけでなく、妊娠中はホルモンバランスが崩れやすくなり髪の毛が抜けやすくなったりしますよね?

 

ホルモンは自律神経に大きくかかわりますので、ホルモンバランスが崩れることにより自律神経も乱れてしまい、その結果便秘になるという事もあるのです。

 

プロゲステロンというホルモンが分泌されるのはご存知ですか?

 

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが分泌されることにより、腸の動きが鈍くなることも便秘になる要因です。

 

 

またお腹の赤ちゃんが大きくなると、子宮に腸が圧迫されて排便機能が弱まってしまいます。

 

腸が正常に動かなくなることが原因で便秘になってしまいます。

 

 

このような要因によって今まで便秘知らずだった方も便秘になってしまうのです。

 

便秘で悩んでいる妊婦さんはたくさんいるので、自分だけではなく妊婦さんの悩みの一つだと考えて気楽に便秘と付き合っていく必要がありますね。

妊娠初期と後期に便秘になりやすい理由

妊娠中はずっと便秘が続くの?と心配されている妊婦さんもいらっしゃると思いますが、妊娠中はずっと便秘というわけではなく、特に妊娠初期と後期に便秘になりやすいといわれています。

 

この不快感がずっと妊娠中続くのか?

 

と思っている妊婦さんもいらっしゃると思いますが、妊娠中は特に色々なことで体が変化して便秘以外でも不快感を抱えて過ごしていますよね。

 

つわりが始まり自分のおなかが大きくなっていくことでもストレスなのに、便秘までずっと続くと思うとストレスこの上ないですが、時期を知っていれば対処もできますので気持ちも大きく変わります。

 

 

妊娠初期は、つわりが始まって必然的に食べる量が減ってしまいます。

 

食物繊維がたくさん入った食べ物を摂取することで改善も望めますが、食べる事が苦痛な時期なので排便を促す薬などを産婦人科でもらうなど対処してください。

 

 

妊娠後期はお腹が圧迫されて、腸の運動が思うようにできなくなります。

 

またお腹が重くなってくるのと同時に動くのも億劫になってくるので、運動不足も伴って排便がスムーズにいかないのです。

 

水分をたくさん摂るように心がけて、散歩などの軽い運動も合わせてすることで改善できますよ。

どうして妊婦は便秘になるの?

妊娠中の便秘は、ほとんどの妊婦さんの悩みの一つですが、今まで便秘を経験したことがない人が、妊娠して便秘になったらその不快感に驚くようです。

 

また、いつも便秘の方は「便秘くらい平気だよ、慣れてるから」なんて軽く考えないようにしてください。

 

便秘だけならまだしも、便秘による弊害が起るのが妊娠中の便秘なのです。

 

 

妊娠初期の便秘は、食事をつわりにより摂れない事からなりやすいです。

 

これは、無理して食物繊維を摂取することが精神的にもつらい時期なので、産婦人科などで便秘薬をもらうことで対処できます。

 

 

妊娠中期も便秘で悩む方がいるようですが、特に便秘になりやすいのは初期と後期です。

 

中期の便秘は大きくなった子宮に腸が圧迫されることが原因で起きやすくなりますが、運動などをきちんと取り入れて対処しましょう。

 

 

妊娠後期はもっとも便秘になりやすい時期といえます。

 

妊娠後期になると大きくなった子宮が、腸の運動を妨げてしまうのです。

 

便をスムーズに排出するために必要な水分も、胎児が必要とするので不足してしまうのです。

 

妊娠後期に便秘になると圧迫感だけでなく、嘔吐も伴うので便秘の苦しみだけでなく吐き気との戦いになってしまいますので、注意しましょう。

おススメサイトはこちら

顔のたるみを改善したい!そのサインのチェック法です。見た目の年齢を大きく左右するのが顔のたるみでしょう。若くてもたるみがちの人もいれば、高齢でもプリプリの美肌の人もいます。